包茎は治療すれば治る!包茎の間違ったイメージ3選

不衛生だと思われてしまう

包茎は皮に包まれている状態なので、充分に洗浄していないと思われてしまったりします。しかし、仮性包茎であればきちんと洗浄することはできるので、清潔に保つことは可能です。真性包茎であっても手術により皮がかぶらない状態にできるので清潔にすることができます。パートナーの方は包茎であっても清潔できれいな状態で性交渉ができるということを良く知ることが大切でしょう。そしてデリケートな問題についても詳しく学ぶ必要があります。

性交渉できないと思われてしまう

包茎であるために皮で包まれているので、性交渉が全くできないと思われてしまうケースが存在します。しかし、仮性包茎ならしっかりと性交渉はできますし、避妊具もきちんと装着できます。真性包茎であっても同じように可能です。真性包茎の場合、手術をすればスムーズな性交渉が可能になるため手術による治療を勧める医者は多いです。パートナーの方は包茎であってもしっかりと愛をはぐくんでいくように意識をすることが大切でしょう。

早漏だと思われてしまう

包茎だと男性器が皮で包まれているので、皮が剥かれたときに敏感になっていると思われがちです。敏感だから感度が良く早漏の状態になってしまうと考えられますが、それは人によってさまざまで一概にはそうとは言えないのです。さらに手術によって包茎を治療することで性交渉しやすくなり、早漏のリスクは低くなります。パートナーの方は相手に対して早漏だから満足のいく性交渉が行えないと思わないで何度もトライをして愛のある行為をすることが大事でしょう。包茎にはパートナーの理解が大切です。

手術が必要な包茎は嵌頓(かんとん)タイプがありますが、陰茎に血が溜まってしまって放尿が正常に行えない可能性があるのですぐに病院に行った方が良いでしょう。

You may also like...