導入している家庭が増えている!家庭用太陽光発電とは?

太陽光発電とはどんなもの?

家庭でも太陽光発電の設備を設置する家庭が増加しています。太陽光発電は、太陽の力と太陽電池の力を使って電力に変換する発電方法です。太陽光を利用しているため、一定の電力を安定して生み出すことが出来ます。設置の最大のメリットは光熱費を削減できる点でしょう。災害時に電力が使用できないときにも、蓄電した電力を使用することができます。また、発電時に廃棄物や排水などが発生することはありません。屋根や壁面に設置することも可能です。

余った電力は売ることができる!

太陽光発電の設備を設置することで電気代を節約できるだけではなく、収入を生み出すことも出来ます。太陽光発電で生み出された電力が余っている場合には、買い取り制度を利用しましょう。エネルギー庁が買い取り金額について発表しているので、ホームページなどで確認するのが良いです。たとえばダブル発電の場合、10年間固定で、1キロワット時あたり25円で電力会社に売ることができます。ただし、発電事業が目的で設備を設置したとみなされると、この買い取り制度の対象になりません。

導入するときの注意点とは

都道府県や市区町村などの自治体が、太陽光発電を導入するにあたって補助金制度を設けていることがあります。先着順の申込みとなっていることが多いので、早めに確認するのが良いでしょう。そして設置時の初期コストだけではなく、売電額、ローンの支払いといった費用のバランスをから判断しましょう。また、太陽光発電システムは自分では設置できません。また、設置する場所の環境によって、対応可能なメーカーや工事の方法が変わってきます。サポートや設置後のアフターサービスなどから、設置工事業者を選びましょう。

太陽光発電とは、その名の通り太陽の光を太陽電池で、電力に変換する発電方式です。腕時計や人工衛星にも用いられています。

You may also like...