実際のところ気になる!二重埋没整形の流れ

緊張しながらの手術前・・・

当日の体調管理ですが、生理日は避けた方がよいです。クリニックに到着後はまずメイクを落として洗顔します。綺麗な洗面台が設置されているクリニックが多く、洗顔料やメイク落としも備わっているので安心です。そのあと手術位置の最終確認です。ここで言いたいことを言わないと後悔するので、しっかり自分の意見は伝えた方がいいですよ。埋没は数年後に二重位置が下がってくるので、そこも考慮して、平行や末広の形・幅の希望を細かく伝えましょう。

いざ、綺麗になる手術へ!

一番痛みを感じ恐怖する麻酔ですが、ここで力を入れてしまうと術後の腫れがひどくなるのでリラックスを心がけましょう。看護士さんに話しかけるのも良いです。また笑気麻酔と言って、意識を逸らすことができる麻酔がオプションで付くクリニックもたくさんあるので使用すると安心して手術に臨めます。麻酔をしてしまえば痛みは感じません。ただ針を刺したり、まぶたを縫われているような感覚は分かるので不思議な気持ちを体験できます。

手術が終わったら、徹底的に腫れ対策!

手術が終了したら、腫れ対策をしっかりしましょう。手術後は思いっきり泣きはらした後のような腫れがあると言われています。大切なのは冷やすことです。氷嚢などを直接幹部にあてず、こめかみあたりを冷やすと全体的に冷やされ腫れが引きやすいです。また内出血がある場合は冷やしてしまうと出血が引きにくくなってしまい逆効果なので注意が必要です。寝るときはむくみ防止で、枕を高めにしたり、直前の塩分・水分摂取は控えると翌朝の腫れがマシになりますよ。

クリトリス包茎は見た目だけの問題では無く、細菌感染などを発症させるなど衛生面においても問題があります。なお、この症状は手術で治す事が可能です。

You may also like...