リバブレーションチャンバーというものは!

リバブレーションチャンバーであれば

リバブレーションチャンバーというのは、要するに反響に関することをしっかりと把握できる試験、機械のことをいいます。こうすることによって、電波の方向性や力などを知ることができるようになりますから、しっかりと理解しておきましょう。そうした環境室のことを呼ぶことがあるのです。言うまでもありませんが、きわめて高い専門技術になりますから、機械も高いですし、使うことができる人材もかなり重要になりますから、需要があります。

様々な機械との組み合わせによって

ネットワーク・アナライザと組み合わせることによって、より良いことができるようになります。その一つがアンテナ効率であり、相関係数をリアルタイムで測ることができるようになりますから、これも覚えておきましょう。要するにどのように電波が弾かれるのか、反響していくのか、ということをよりリアルな形で測定ができるようになる、という技術であるわけであり、これこそが重要なやり方であるといえます。機械はとても高価です。

どうしてこんなことをするのか

どうしてこのような環境でテストをするのか、ということをよく理解しておくと良いでしょう。それは電波というのは同じように見えてまったく同じではない、ということがあるからです。また、距離によっても違うことがありますから、様々な環境でテストがすることができるのはかなり大きなメリットであるといえるでしょう。言うまでもありませんが、基本的には非常に手間がかかる事になりますが、それでも電波製品には必須の行為です。

リバブレーションチャンバーとは、反射反響室のことであり、長い反響効果を持つように設計された電磁波環境試験室のことです。

You may also like...